「野球」振り逃げのルールや条件とは?成功で打点は記録される?

野球 野球

野球で発生条件が複雑で勘違いが多発しがちなルールの1つが「振り逃げ」です。

※厳密には野球規則では「振り逃げ」という言葉も存在せず、俗称です。

今回は、振り逃げが発生する条件や詳しいルールを紹介したいと思います。

振り逃げの発生条件・ルール

振り逃げが発生する条件の1つに3ストライクとなった際、捕手が投球を正規の捕球ができなかった場合に、打者が1塁へと進塁できる機会が与えられます。

正規の捕球を詳しく解説すると、地面に落ちる前に捕球した場合を指します。

なのでワンバウンドで捕球した場合は正規の捕球ではありません。ファウルチップの場合は捕手のミットか手に触れてから、地面に触れる前に捕球が行えた場合「正規の捕球」として扱われます。

ここまでは我々が知る振り逃げの条件の1つですが、ここから更にいくつかの条件が重なった結果振り逃げが発生します。

まず振り逃げの発生条件を下記に簡単にまとめました。

1.3ストライク時に捕手が正規の捕球をしなかった

2.ランナーが1塁にいない、もしくは一塁にいてもアウトカウントが2アウトである

これら2つの条件を達成することで、振り逃げの発生条件を満たし、振り逃げを行えます。

ただし振り逃げのルールが勘違いされる点は2の点です。

ランナーが1塁にいない場合は、振り逃げは可能ですが、ランナーが一塁にいる場合には、2アウトのみに振り逃げできます。

理由としてですが、仮に1アウト、ランナー1塁の場面で、振り逃げが発生すると、1塁ランナーには進塁義務が発生するため、

捕手は1塁にボールを送ることで簡単に1塁ランナーをアウトでき、1塁に送ることで併殺も狙えます。

そのため振り逃げはランナーが1塁いる場合、2アウトのみとなっています。

2アウトのみなら、併殺が発生する心配もないからです。

振り逃げを覚える際は、ランナーが1塁にいない場合は振り逃げが可能で、ランナーが1塁にいる場合は、2アウトのみ振り逃げが可能と覚えておくとよいでしょう。

また気を付けて起きたいのが、振り逃げは空振りだけではなく、見逃し三振でも発生することです。条件に関しては空振りも見逃しも同じです。

例えば見逃し三振でも捕手が捕逸した場合、振り逃げの発生条件を満たしていれば、振り逃げが可能となるので覚えておきましょう。

振り逃げ成功で打点は記録される?

振り逃げで疑問となるのがランナー3塁で、振り逃げの条件が発生し、3塁ランナーが本塁に帰還した場合、打者に対して打点は付くのでしょうか?

結論からいえば、振り逃げでは打点が付くことはありません。

振り逃げの成功時に記録されるのは逋脱もしくは暴投となります。

逋脱と暴投はルールで、打者に打点が記録されません。

そのため振り逃げが成功しても、打点は付きません。

タイトルとURLをコピーしました