ルール変更でメジャーからワンポイントリリーフが消える?影響は?

MLB

リリーフが先発するオープナーの誕生など新たな風が吹いているメジャーリーグで新ルールの創設や大幅なルール変更が起きるかも知れません。

メジャーリーグ機構と選手会側で新たなルールやルール変更などについて現在協議中でありその中にはベンチ枠の拡大や両リーグで指名打者の起用などがありました。

その中で気になったの投手が1登板で最低3人に投げる必要があるというものです。従来は1人で良かったものが3人になると戦略の見直しが必要になってきます。

そこで今回はこのルール変更が実現した場合の影響について考察していみます。

ルール変更でワンポイントリリーフが消える?

近年の野球では1人の打者にのみ投げて降板するワンポイントリリーフの存在があります。

特定の打者を抑えるのみ投げるワンポイントリリーフの効果は時に凄まじいものがあり、

左打者を抑えるためのみにマウンドに上がる左投手による左のワンポイントリリーフはあまりにも有名な存在です。

日本では松井キラーとも呼ばれた元阪神の遠山奬志さんや元祖ワンポイントリリーフ的存在である永射保さんなどが活躍されていました。

メジャーリーグでもその役割は変わらずワンポイントリリーフ起用は少なくありません。

そのワンポイントリリーフが仮に今回のルール変更案が仮に実施された場合、まず考えられるのが投手起用の見直しが迫られることです。

従来では試合の中盤や終盤に右投手に対し左打者が回ってきた場合、即座に左投手をマウンドに上げその打者を抑え、次の打者は別の投手という起用法が出来ていました。

しかし最低3人に投げる必要が出てくるとリリーフを挙げる場合、対戦打者3人以内の時に投手に不利な打者が出てきても即座に変えることが出来なくなります。

攻撃側からすれば対戦打者3人以内なら、変えられる心配がないため、安心して右投手に対してなら左打者を代打に送るといった戦法が取れます。

総じてこのルール変更が行われれば必然的に有利になるのは当たり前ですが攻撃側のチームとなります。

ここまで戦術面を見てきましたがこのルール変更が議論された背景には試合時間の長期化があります。

近年メジャーリーグでは試合時間の長期化が問題視されることがあり、試合時間を短縮しようという動きがみられています。

仮にワンポイントリリーフ起用を禁じれば、その分投手交代が減るので試合時間の短縮に繋がります。

投手が交代するだけでも、投手がマウンドに上がるまでの時間やその後の投球練習を考えるとかなりの時間を要することが分かります。

野球は試合時間が長いと言われることもあり、このルール変更案は興行面ではメリットかも知れませんが戦略面からすれば戦略の幅を狭めてしまう恐れがあるのではないかと個人的には懸念します。

タイトルとURLをコピーしました