堀江航これまでの成績や経歴が凄い!スポーツ歴についても詳しく

スポーツ

TBSのアナウンサー高畑百合子さんとまさかのスポード結婚をした、パラアイスホッケー(アイススレッジホッケー)日本代表の堀江航選手。

スピード婚にも驚きましたが堀江航選手が左足を失った後もパラアイスホッケー以外のスポーツにも果敢に挑戦していることはご存知でしょうか?

今回はあまり知られていない堀江航選手のスポーツ歴やそれにおける成績に、経歴についてもまとめてみました。

プロフィール

名前:堀江 航(ほりえ わたる)

生年月日:1979年5月25日

出身地:東京都

身長:179cm

経歴

堀江航選手は左足を失う前はサッカー選手でした。

小さい頃からサッカーボールに触れており、その才能には秀でてものがあり、三菱養和サッカースクール時代には全日本ユース選手権で全国制覇を経験し、

都立駒場高時代には部で初めての全国サッカー選手権出場に貢献しています。

そんなサッカー少年だった堀江航選手でしたが体育教師を目指して進学した日本体育大学でもサッカー部に所属していました。

しかし3年生を終えようとしていた時期にバイクで帰宅中に交通事故に遭います。手術によって左足を失いサッカーは二度と出来ない体となります。

そんな堀江航選手はあるスポーツと出会います。それが車いすバスケットボールです。

この出会いは堀江航選手にとって人生の分岐点ともいえ、大学を卒業後、仕事をする傍ら車いすバスケをひたすら練習していきました。

やがて車いすバスケの名門であるイリノイ大学に留学し、そこで全米大学選手権優勝を経験します。またこの時に車椅子ソフトボールもプレイしていました。

やがてドイツやスペインのプロリーグでもプレイそこでも、その実力を発揮し、ドイツにおいてはドイツカップとドイツリーグで頂点に立ち、更にヨーロッパチャンピオンも制覇するなど選手として輝かしい実績を残しました。

そんな堀江航選手も2012年に車椅子バスケを引退します。そんな彼が次に手を出したのはパラアイスホッケーでした。

そこでも優れた能力を見せ、すぐさま日本代表に選ばれます。

2013年には世界選手権Bプールに出場し銀メダルを獲得します。2015年には一旦パラアイスホッケーを引退します。

引退後は車椅子ソフトボールの発展に勤めるなどしていましたが2017年に現役復帰し、2018年の平昌パラリンピックに出場しました。

スポーツ歴

左足を失う前はサッカーをやっていた堀江航選手ですが、左足を失ってからも様々なスポーツに挑戦されているのでまとめてみました。

・車椅子バスケットボール

・車椅子ソフトボール

・パラアイスホッケー

・ブラジリアン柔術

・パラカヌー

ブラジリアン柔術はブラジルの格闘技の一種で柔術から発展していきました。堀江航選手は左足に義足を付けて臨んでおり

まさに凄まじいチャレンジ精神の持ち主と言え、障害を苦にしない精神は見習うべきところがありますね。

パラカヌーは東京パラリンピック出場を目標にしているそうで、もしかしたら東京パラリンピックで堀江航選手の姿が見られるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました