大山照羅の父親や母親はどんな人?韓国との繋がりは?酒で性格が変貌?

ニュース

伝説の空手家で極真空手の創始者である大山倍達さんの孫である大山照羅が

大麻所持で現行犯逮捕されるニュースが飛び込んできました。

あの伝説の空手家の孫なので今回の逮捕は残念ですが以前にも覚せい剤取締法違反で有罪判決を受け執行猶予中の身だったため、実行判決は免れないと思われます。

そこで今回は逮捕されてしまった大山照羅の父親や母親についてや韓国との繋がりや性格について調べてみました。

プロフィール

名前;大山照羅

韓国名:崔元鍚(チェ・ウォンソク)

生年月日:1997年3月24日

父親や母親はどんな人?

大山照羅の母親は大山喜久子さんといい、現在国際空手道連盟大山倍達極真会館の代表を務めておられます。

他にもアメリカ・ニューヨーク州で心理士もされておられるそうです。

大山倍達さんの三女として生を受け、幼いころから日本と海外などで勉学を学ばれていたそうで、

中学生からはニューヨークなどの海外で生活されており、帰国子女なのですね。

1994年にお父さんの大山倍達さんが亡くなった後日本に帰国されています。

1年後には極真会館の分裂騒動があるなど苦労されたこともありました。

一方で父親に関する情報は全くなく恐らく完全な一般人なのか、離婚されていると思われます。

韓国との繋がりは?

大山照羅は韓国名:崔元鍚を持っていますが、実際の国籍は日本ではなく、韓国国籍なのでしょうか?

祖父である大山倍達さんは一旦日本国籍を取得されていますが、その後日本国籍を手放し韓国国籍に戻っています。

なので大山照羅は在日韓国人である可能性はありえますね。

酒で性格が豹変?

周囲の話では大山照羅は普段から性格が悪いわけではないそうですがお酒が入るとかなり性格が変わっていたそうで

周りに高圧的な態度を取っていたりしていたそうで、そんな酒癖のおかげで出禁になっていたお店がいくつもあったそうです。

本当にあの大山倍達さんの孫だけに2度目の逮捕は本当に残念としか言い表せません。

タイトルとURLをコピーしました