ゴールデンカムイ 197話 ネタバレ感想 198話の予想も

ヤングジャンプで掲載中のゴールデンカムイ第197話「山猫は眠らない?のネタバレありの感想記事です。

前回は尾形の治療のため、病院へと行きましたが、果たして尾形の病状は回復するでしょうか?

それとも尾形の命は風前の灯なのか気になっていますが、それでは197話の感想を述べていきます。

ゴールデンカムイ 197話

治療のため病院に運ばれた尾形。

治療は終わったもののロシア人医師は尾形の容体が明日の朝までもたないだろうと告げます。

まさに尾形絶体絶命の危機というところですが、それを聞かされたアシリパは悲しげな表情を見せていました。

一方でこのままではアシリパが命を奪ったことになりますが、杉本は駄目元で医者に命を手段がないかを訪ねるため

病院へと入っていきます。

病室まで来た杉本が見たのは頭から血が出て倒れている医者と空っぽのベッドと空いた窓でした。

杉本はすぐに尾形が逃亡したものと判断し、すぐさま病院の外へと向かいます。

アリシパにもそのことを伝えられ、逃亡したことを伝えられます。

白石と谷垣にも捜索を指示すると、まだ尾形が遠くに逃亡していないと踏み、

アリシパと共に尾形を探し始めます。

一方で病室に駆け付けた鯉登は倒れた医者に声を掛け安否を確かめる。

幸いロシア語を発していたため命の無事が確認できましたが、

医者の声が鯉登の背後を指していたため振り返ってみると、そこには看護師の喉元にハサミを突き付け脅し

看護師を盾にした尾形がいました。

そうです尾形は無事どころか外へ逃亡していませんでした。

初めから病室に隠れていたわけです。

鯉登を笑いながら尾形の表情はどこか不気味で怖いです(笑)

鯉登はすぐさま銃を構えますが、尾形は何とロシア語で医者に鯉登を殴り倒すように指示を出します。

ロシア語が分からない鯉登は気を取られ、医者に殴り倒されてしまいます。

鯉登が手放した銃を取り、逆に鯉登に銃を突きつける尾形。

尾形は鋭き眼光で睨めつけながら「ボンボン」と呟きます。

そして一気に過去の話に飛びます。

中学校?の校庭で三輪車にエンジンが付いたような乗り物「ドディオンブートン」を乗り回す当時14歳の鯉登少年。

校舎から見ていた子供達からは尊敬の眼差しを受けていましたが、大人たちからは「ボンボン」と嫌味を言われていました。

校庭を出た鯉登少年は運転中1人の男性と衝突してしまいます。

幸い男性に怪我はありませんでしたが、男性から乗り物について尋ねられます。

そこで乗り物の入手経路が判明します。どうやら父親がフランスの知り合いから貰ったものと分かります。

フランスとなると当時としてはかなり高価な代物だったと思います。

男性から親から怒られないのかとも言われますが、鯉登少年は「叱られません」とだけ返します。

話が切り替わり男性から、西郷隆盛の墓への経路を訪ねられ、鯉登少年はお詫びに乗り物に乗せ案内することにします。

墓までたどり着いた二人でしたが、男性から「月寒あんぱん」を共に食べようと渡されます。

2人であんぱんを食しながら、鹿児島県の食べ物で何がおいしいかを訪ねられた鯉登少年は桜島大根と答えます。

鯉登少年はあんぱんを半分にちぎると、兄のお墓に備えます。

兄は母親似であり、色白で桜島大根と答えても一切怒らないほど優しい性格の持ち主だったそうです。

なので桜島大根と答えたのですね。桜島大根は兄を思い出す食べ物なのでしょう。

更に鯉登少年は自らがいなくなれば的な物騒な発言をします。

それを聞いてた男性が「話してごらん?」と尋ねるのですがその人物は鶴見でした。

過去話となると今後の展開が暗いものになりそうで少し心配です。

次回予想ですが鯉登の過去回が続きそうですが一体どんな展開になるでしょうか?

鶴見との関係も描かれそうで楽しみですが、何かのフラグではなければいいのですが。

それにしても尾形の顔がこれまで以上に不気味でした。

やはり尾形は怖い存在ですね(笑)

タイトルとURLをコピーしました