囲碁井山裕太過去の結婚歴は?離婚した理由は?元妻は女流棋士、年収は?

囲碁界で初めて七冠を2度も達成し、国民栄誉賞も授与した囲碁棋士・井山裕太さん。
実力は最強であることは言うまでもありませんが、2018年時点でまだ29歳と、スポーツ選手でいえばこれから脂が乗る時期なのでこれからも新しい記録を作る可能性は十分にあります。

今回はそんな井山さんの過去の結婚歴や元妻やそして驚きの収入について調べてみました。

プロフィール

名前 井山裕太(いやまゆうた
生年月日 1989月5月24日
出身地 大阪府東大阪市

元妻は女流棋士、離婚した理由は?

井山さんは過去に離婚しており、当時結婚されていた方は将棋の女流棋士である室田伊緒さんです。
室田さんといえば、美人棋士とも知られており、現在話題中の将棋棋士藤井聡太さんとは師匠が同じです。
二人は生年月日が同じでまるで運命のような出会いでし2012年に結婚後は順調な結婚生活を送っているように見えました。

しかし2015年に3年という短い期間で結婚生活を終え、二人は別れました。
その理由ですが色々と噂されましたが、どうやら二人の多忙によるすれ違いが有力とされています。

夫であった井山さんは囲碁のトップ棋士であるため全国各地での対局や時には海外で対局することもあります。もちろん対局以外にもイベント出演など多忙な身です。
一方で妻であった室田さんも井山さんと同じく全国で対局することがあったりと中々自宅で一緒にいる時間は少なったのは予想できます。

やはり夫婦でいる以上一緒にいたいはずですが、それが出来なかったため、話し合いの結果離婚したのではないかと思われます。

年収は脅威の一億円越え

井山さんといえば七冠も2度達成していますが、それだけに年収という面でも額は囲碁棋士の中でもずば抜けています。

2017年に発表された囲碁棋士の獲得賞金ランキングでは断トツの1憶5981万円です。プロ野球で一億円プレイヤーという言葉があるように一億円を突破することは相当なことだと思います。

しかも7年連続で一位なので生涯獲得賞金は相当な額となっていることでしょう。大体囲碁の世界では一千万貰えればかなりの実力者なので、億越えが如何に凄いかがわかると思います。

タイトルとURLをコピーしました