古市憲寿大学や高校はどこ?結婚は?両親や家族は?

芸能

社会学者としてテレビに出演し、その発言から何かと有名な古市憲寿さん。
最近では作家デビューを果たしその作品が芥川賞の候補にも残っていますが、今回はそんな古市憲寿さんが卒業された学校や両親や家族、結婚はされているのかについて調べてみました。

プロフィール

名前 古市 憲寿(ふるかわ のりとし)

生年月日 1985年1月14日

出身地 東京都

経歴

古市憲寿さんは東京都出身で高校は東京ではなく埼玉県立超谷北高等学校に進学されています。

この高校は埼玉県における難関校として知られており偏差値は67と後で紹介する大学も凄いのですが高校も社会学者になるだけあってかなり凄いところに通っていたのですね。

高校時代は今からは想像できないのですが暗い性格だったそうで、小説を好んで読んでいたそうで愛読書はホラー小説だったそうです。一体高校時代までに何があったのが気になりますね。

大学はあの慶應義塾大学に進学されています。学部は環境情報学部というとこです。

進学された理由は自由さと様々なことが学べるからということですが、この大学で今の古市さんが作られといってもよく、

大学進学後に社会学者になることを決意したそうです。

元々はデザインや建築関係の講義を中心に受けていたそうですが、偶然受けた近代史の講義にもの凄く影響を受けたらしく、

それが影響で社会学の道へ足を踏み入れ結果的に社会学者となりました。

大学3年生ときにはノルウェーのオスロ大学に交換留学生として1年間留学されていました。

この留学理由が意外なもので、勉学が第一目的よりは就職活動から逃げるために留学されていたそうです。なので大学3年生というタイミングだったのですね。

元々はアメリカも留学先の候補に入れていたそうですがアメリカの講義はかなりハードらしく、それもあってノルウェーを選択したようです。

ただ卒業論文は「ノルウェーの育児政策」を書かれたそうなので、ノルウェーの経験がかなり影響あるものだったと思います。

また合格した方法は一般入試ではなくAO入試で入学されています。ただ古市さんの頭脳なら一般入試でも余裕で合格出来たと思われますね。

この後大学を卒業された後、東京大学大学院に入学し、無事卒業されています。ここでは主に社会学者となるために必要な学問などを学んでいたみたいです。

やはり学者なだけあって学力は本当に高いですね。

卒業後の職歴が色々と凄い

大学卒業後の古市さんですが本を出版したり、色々な役職を経験しています。初めて出した本は2010年出版の『希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想』でこれは話題になったそうで2011年親書大賞で7位を獲得しています。

2011年出版の『絶望の国の幸福な若者たち』では第11回新潮ドキュメント賞候補にもなっています。

本以外でも2012年では野田内閣の内閣府国家戦略室「フロンティア分科会」部会委員、2013年には、安倍内閣の「経済財政動向等についての集中点検会合」委員などに選ばれていたりと、テレビで見る以外にも幅広く活躍されています。

 

両親や家族はどんな人?

古市さんの家族についてですがどうやら5人家族らしく両親に妹さんと弟さんがいるそうです。
ただご家族は一般人なので情報は公開されているわけではないのであまり詳しいことまではわかりません。
もう少し調べたところお父さんの方は公務員らしいので、それなりにゆとりがあった家庭だったと思われますね。

お母さんの方は恐らく専業主婦をされていると思われます。

ここまで家族が多いと実家の広さも気になりますが兄弟それぞれに個室があったり、テレビが8台あるなど家はかなり広いように思われます。

祖父母も一緒に住んでいたそうで、元々は祖父母が持っていた家という可能性もありますがどうなのでしょうか?

結婚はされているのか?

古市憲寿さんですが結婚はされているのでしょうか?
どうやらまだ結婚はされておらず、彼女がいるという噂も聞いたことがありません。
今は仕事で忙しくされていないだけかもしれませんが今のところは結婚してないとみて良いでしょう。

過去に関しては付き合っていた女性はいったそうですが、色々あって別れたそうです。

そもそも古市さんの結婚観は少し特殊で、夫婦での部屋も別室どころか玄関すら別室がいいらしく、あまり結婚を望まれていない性格の持ち主なのかもしれません。

恐らく家ぐらいでは1人でゆっくり過ごしたいタイプなのかもしれませんね。

因みに理想のタイプは仕事ができる人と自分より年収が高い人です。

かなりの要求スペックが高いですが、テレビなどで稼いでる古市さんよりも年収が高い女性は日本でもかなり数が限られて来る気がしますが。

ここまで来ると現時点では結婚どころか彼女さんは要らないのかも知れませんね。

個人的にはモテると思うので彼女ぐらいは作ってもいいのではないかと思いますが。

タイトルとURLをコピーしました