野村昭子娘はいるの?旦那は俳優?痩せたが病気の具合は?

以前は「渡る世間は鬼ばかり」などの数多くの作品でテレビでもよく見かけることがあった大女優の野村昭子さん。

現在はテレビで見掛けることも少なくなっていますが、時々テレビで元気なお姿を見せてくれることもあります。

今回はそんな野村昭子さんに焦点を当て、野村昭子さんの旦那さんや野村昭子さんに娘さんの有無や病気の具合について調べてみました。

野村昭子のプロフィール

名前:野村 昭子(のむら あきこ)

本名:増見 昭子(ますみ あきこ)

生年月日1927年1月2日

出身地:東京都

血液型:157cm

経歴

野村昭子さん生まれたのは1927年です。東京都で生を受けた野村昭子さんは

中高一貫校である桜蔭中学校・高等学校へ進学されます。女子校であり、その中でも多くの大学合格者を輩出している優れた高校らしいです。

現在では医学部といった理系の合格者が多いことでも有名です。

高校を卒業した野村昭子さんはそのまま東京薬科大学へ進学されます。

そこで薬剤師免許を取得しているようで、かなり勉強が得意だったと思われます。

そのまま卒業後は薬剤師としての道を歩み、東京大学医学部附属病院で働いていました。

ではいつ女優の門を開いたのかというと、元々演劇が好きだった野村昭子さんは一大決心をして

劇団俳優座養成所に入所します。1952年に養成所を卒業し、そこで演技について学んだ野村昭子さんは女優としての活動を始めます。

主にドラマでの活躍がメインであった野村昭子さんは「太陽にほえる!」や「水戸黄門」など数多くの有名ドラマにも出演されていました。

中でも有名なのが「渡る世間は鬼ばかり」でしょうか?1990年に始まったシリーズで野村昭子さんも1998年の第四シリーズから出演されており青山タキ役でおかくらのおかみを演じています。

一方映画の方にもいくつか出演しており、あの「男はつらいよ」シリーズ「男はつらいよ フーテンの寅」に出演したりしてます

2011年にはこれまでの活動が認められ橋田壽賀さんが理事を務める橋田文化財団が創設した橋田賞を受賞されています。

まさに長い間日本のドラマや映画に関わってきた、日本に欠かせない女優さんといえますね。

旦那は俳優?娘がいる?

素晴らしい女優さんである野村昭子さんですが29歳の時に結婚されています。

旦那さんのお名前は増見利清さんといい、野村昭子さんよりは一歳年下です。

職業は演出家で出会いは作品現場だったそうです。

同じ業界内で知り合ったお二人でしたが、夫婦仲もとても良かったそうです。

ただ2001年12月7日、旦那の塩見利清さんが亡くなってしまいます。

仲が良かっただけに、野村昭子さんは相当なショックを受けたらしく、気力もあまり無くなり、人と会う機会も減ったそうです。

亡くなられてから3年間は、旦那さんが亡くなる前後しか思い出せないほどだったそうです。

ただ時間が経つにつれ若い頃も思い返せるようになったみたいです。

そんなお二人ですが子供はいたのでしょうか?

野村昭子さんはこれまで子供に関することを発言したことは無かったそうですが、どうやら娘さんが1人いるとの噂があります。

ただ両親と違って完全な一般人なのか野村昭子さんは子供に関する情報は明かしていません。

そもそもいつ頃出産したのかも不明です。出産したとなれば、女優さんだったので、少しは情報はあると思うのですがそれもありませんでした。

なので本当は娘さんはおらずお子さんはもうけていない可能性もあります。真実は一体どちらのでしょうか?

痩せたが病気の具合は?

野村昭子さんですが最近テレビに出ると痩せたのではと思われる方もいるでしょう?

少し痩せすぎていたので体調を心配する声もありましたが

以前病気に罹っており、病名は乳ガンでした。ただ早期発見のため大事には至らず無事手術も終えました。

ただしその後も新たなガンが発症したそうです。

もうかなりのお年なのでがんは辛いとは思いますが、これからも病気に負けずに頑張って欲しいですね。

愛犬は?

旦那さんが亡くなられてから、野村昭子さんは犬を飼い始めたそうで、犬種はビジョン・フリーゼです。

かなり溺愛されているらしく以前徹子の部屋に出たときは一緒に共演されていました。

名前は「渡る世間は鬼ばかり」で自身の役柄であった「青山 タキ」から取ってタキと名付けたそうです。

かなりの高齢らしく人間年齢で100歳を超えていたそうですが、最近亡くなられたそうです。

その後、自分の年齢的にもう犬は飼えないと思い、喋るぬいぐるみ犬を新たな相棒としているそうです。

 

タイトルとURLをコピーしました