BUNGO(ブンゴ)184感想ネタバレ注意

ここでは週刊ヤングジャンプNo.20特大号に掲載されているBUNGO(ブンゴ)184話の感想を綴っています。

記事の性質上、ネタバレがあるので注意してください。

BUNGO184感想

2回表の静央シニアの攻撃。

感覚で物事を捉え、何でもすぐに身に着けてしまう天才・小谷野。

この年齢にしては凄まじい才能を持つ小谷野ですが、彼自身は周囲と比べ

突出した何かがないことに気づいていました。

小谷野の周囲からすれば、小谷野才能は羨ましいと思いますが、

現状の小谷野は万能ではあるものの、尖った才能がある訳ではないので、小谷野自身からすれば、それが劣等感のように感じてしまうのかもしれません。

だからこそ小谷野は目の前の敵に対して自身の感覚をフルに使ってでも立向かおうとします。

実際に対峙する碓井の直球と変化球に対して狙い球を絞らずに対応していきます。

ここだけ見ればやはり小谷野は天才としか言わざる得ないです。

2人の対決は小谷野が必死に喰らいつき、粘ります。

そんな小谷野の目指すべき選手像として周囲はメジャーリーガーのベン・ゾブリストを挙げています。

ゾブリストは実在の選手で漫画内でも解説はされているのですが、

走攻守全てにおいてメジャーリーグトップクラスの能力を持っており、捕手以外すべての野手ポジションを守れる選手です。

漫画以内では「超万能選手」と表現されていますが実際にその表現が合う選手だと私も思います。

だからこそ小谷野には一点に突出した選手を目指すのではなく、全てにおいて突出した選手になるように

ベン・ゾブリストの名が周囲から挙げられました。

確かに一点を極めるよりは、天性の野球センスを持っている小谷野なら全てにおいて優れた選手になれる可能性は高いです。

一方で小谷野と碓井の勝負は小谷野が三塁線に転がる強烈な打球を放つも、西浦のファインプレーでアウトになります。

これで3アウトとなり回は2回の裏となり、冨士ケ丘シニアの攻撃に移ります。

マウンドに上がった瑛大にはとある試したい球があるそうです。

一方で河村はおいしそうにバナナを食べていました(笑)

BUNGO184も楽しめましたので185も楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました